長引く咳(せき)について

3週間以上続く咳を亜急性、8週間以上を慢性咳嗽(がいそう)と呼びます。咳が続くと夜は眠れず周囲にも気を遣うので、実際には1~2週目に来院される方が多いようです。咳の原因は肺がん、結核、喘息、逆流性食道炎、鼻炎など多岐に及びますが、この段階で多いのは感染症や後遺症ともいえる気管支炎後咳症候群、鼻炎に関連するものです。胸部レントゲン写真は必要に応じて実施しますが、最も大切なのは問診です。咳の多い時間帯、痰の有無や色、似た症状の人が周囲にいないか、季節性、喘息の既往などを丁寧に聞いていきます。鼻水が後方に垂れて喉を刺激する後鼻漏(こうびろう)は本人の自覚がなく、問診で初めて本人が気付く場合もあります。長引く咳では複数の原因が重なっているケースもあり診断を困難にしています。患者さんは咳で疲れ果てて来院されているので、治療的診断といって、治療を優先させるケースもあります。

次の記事

二日酔いを防ぐには